見ても楽しい、食べても美味しい、日本の和菓子たち

5月 26, 15 • 未分類見ても楽しい、食べても美味しい、日本の和菓子たち はコメントを受け付けていません。Read More »

「日本」と言ったら、そして「和菓子」と言ったら?

みなさんは和菓子、好きですか?子供のころはどうも手を出さなかった・・・と言う方もきっと多いのではないでしょうか?筆者もそのうちの1人、どうも和菓子の粒あんが好きにはなれませんでした。しかし年齢を重ね、そして和菓子が世間的にも見直されて始めてから「餡もの」への毛嫌いも消えてきたように思います。お茶菓子に用いるような和菓子は、目で楽しめるもの、そしてもちろん食べてもほんのり甘くて美味しいもの。まさに日本の文化ですね。

むにゃーっとした感覚がなんともたまらない!

餡ものと並ぶ「和菓子の素材」と言えば・・・餅でしょう。求肥なども餅の仲間として加えておりますが、あのもっちりした感触は、日本特有のものではないでしょうか。餡をお餅の中に包み込んだ和菓子もあることでしょう。また、お汁粉やみつ豆の白玉粉のようなお餅もあったりしますよね?お餅を使った和菓子の幅って、案外広いものなんです。想像を掻き立てる、お餅の世界。近頃では海外でもお餅の存在は知らせるようになりましたし!

ヘルシーで美味しくて、申し分なし!

最後は寒天ものです。ご存知の通り寒天は海藻、カロリーはほぼゼロです。甘かったり甘そうに見えたり・・・でもしゃしゃり出ないタイプ。と、何かと派手さを強くは好まない和菓子たちですが、本当に体にいいものが揃っているのです。ところてんにしても、酢醤油でタレを作り、それで食べるのです・・・ね、とってもヘルシー!和菓子本来は、甘い餡がぎっしり詰まった餡子のお饅頭やおだんこだったり、それこそお餅を使ったものがかなりの枠を陣取って、今まで味わえなかった和菓子の甘さを、いつか堪能してもらいたいです!

ずんだ餅は仙台の郷土料理で、枝豆を茹で薄皮を剥いて潰し、砂糖を混ぜた物に餅をまぶし、独特の色合いとまろやかな口当たりが親しまれています。

Comments are closed.