男女共に捧げ合う結婚指輪の種類と相場を調べてみよう

6月 11, 15 • 未分類男女共に捧げ合う結婚指輪の種類と相場を調べてみよう はコメントを受け付けていません。Read More »

日本における結婚指輪の歴史

結婚指輪はもともと西洋の儀式です。西洋では結婚を貞節を誓う切実なものとしてとらえています。その誓いのしるしと用いられたのが結婚指輪です。神への誓いの象徴とされていた結婚指輪ですが、日本での歴史は戦後、生活様式の西洋化とともに結婚式の考え方も変わりました。戦後まもなく西洋の文化が一気に広まりました。結婚式イコール結婚指輪という形がクローズアップされると日本人にも抵抗なく受け入れられて現在に至っているのです

いろいろある結婚指輪の種類

エンゲージリング、マリッジリングといったものがありますが、エンゲージリングはいわゆる婚約指輪、マリッジリングは結婚指輪を指します。プラチナとゴールドがあり、プラチナは白金と呼ばれ変色し難く定番で非常に人気です。ゴールドにはイエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールドなど、配合する金属によってカラーが生まれます。アームの形も様々でストレート、S字、V字、X字などがあり、太めや細めといった太さの違いもあるのです。

結婚指輪の価格相場は

日常生活で肌身離さず身につけるものですから、装飾品としての価値より耐久性を重視して選ぶ傾向があります。いくらの結婚指輪を買うのかは人それぞれといえますが、およその相場というものにも興味があるでしょう。勿論、大金持ちな人なら一千万円でも一億円でもする結婚指輪を愛する人に捧げるでしょう。一般庶民が相手に捧げる結婚指輪の相場では、20万円前後と言われています。男女とも手が出ないほどの価格ではありませんが、二人の絆には価格よりも真心が一番だと言えるでしょう。

結婚指輪には指輪によって普段口では言えない様な愛の気持ちが込められているので普段口に出して言えない事も指輪として渡す事が出来ます。

Comments are closed.