長生きして欲しい。高齢の飼い犬を介護するポイント!

6月 21, 15 • 未分類長生きして欲しい。高齢の飼い犬を介護するポイント! はコメントを受け付けていません。Read More »

飼い犬の介護で疲れないためにも

子犬の頃から飼い始めて、長く付き合っていると、まるで人間のように感じられるようになります。そして、出来る限り長生きをして欲しいと考えるのですが、人間よりも犬の寿命は短いです。高齢になれば、若い頃にはなかった介護も考えなければならなくなるのですが、では、どのような事に注意をして、介護をしていけば良いのかは難しい問題となるでしょう。高齢の飼い犬の介護で必要なアイテムを紹介していきますので、ご参考になさってください。

おむつ等も用意した方が良いでしょう

飼い犬の問題として、高齢になれば若い時と比べて、様々な部分で劣って来る部分が出て来ます。例えば、前はしっかりと、決められた場所でトイレをしていたのに、段々と出来無くなってしまうのですが、つい、叱ってしまいたくなるでしょう。しかし、叱っていると、段々と、排泄をしなくなってしまって、体を弱らせてしまう原因になってしまいます。もし、問題があるのでしたら、犬用のおむつもありますので、購入を検討されてはいかがでしょう。

流動食をスムーズに食べさせるために

高齢になった犬は、なかなか餌も満足に食べる事が難しくなってしまいます。中には、柔らかい物では無ければ、食べられない状態になってしまう事も珍しくはありません。流動食を、飼い犬にスムーズに食べさせるための道具等もありますので、ご利用されてはいかがでしょう。例えば、スプーンなどを利用するのも良いですが、口の中に流し込むように入れる注射器タイプの道具もありますので、それを利用するのも良いでしょう。犬も食べやすいと感じるかもしれません。

老犬ホームの施設は犬に適した温度と環境、食事を提供していますし、散歩が出来るコースやドックランもあります。

Comments are closed.