やっぱりビジネスマンなら機械式時計!でも費用やメンテナンスは?

11月 23, 15 • 未分類やっぱりビジネスマンなら機械式時計!でも費用やメンテナンスは? はコメントを受け付けていません。Read More »

皆さんは、機械式時計を持っていますか?

時間を確認するなら、今ではスマホがあれば十分。とはいえ、ビジネスマンなら、スーツに似合う腕時計を一つくらい持ちたいものです。腕時計は機械式、クオーツ、ソーラー、今ではGPS機能付きの時計など、さまざまな種類がありますが、やはりステータスがあるのは、昔ながらの機械式時計です。機械式時計は、内部の歯車とゼンマイで駆動する仕組みですので、電池が不要な代わりに毎日使わないと傷んでしまう時計です。また、時刻も一週間で数秒はずれてしまいます。クオーツやソーラー時計に慣れた方からすると不便かもしれませんが、その分、自分だけの腕時計という愛着が沸くものです。

機械式時計を買いたい。でも高いんでしょう?

じゃあ、機械式時計を買ってみようかな、でも高いんでしょう?とお思いの方もおられるかもしれません。確かに、大量生産が可能で、いわば工業製品であるクオーツ時計等と比較すると、機械式時計は一つ一つ作りこまれた「作品」ですので、若干高価なラインナップになってきます。しかし、最近は、日本の有名メーカーから、一つ数千円くらいの安価な機械式時計も登場しています。有名ブランドの機械式時計は、やはり何十万円もする高価なものも多いですが、ブランド価値が高いため、リセール(売却)時にはある程度高価で売れる可能性が高いです。機械式時計には、やはり人気があるということの証明にもなりますね。

機械式時計を買ったけど、メンテナンス方法は?

機械式時計は、毎日使用することで、内部のゼンマイや歯車が駆動する、デリケートな構造でできています。よって、しばらく使用しない場合は、機構を傷めないように、ウォッチワインダーという、腕の振れ幅と同様の動きで揺れて動く装置にセットして管理するのが一般的です。また、メンテナンスの観点からいえば、数年に一度は、オーバーホールという、分解清掃まで行う修理を工房へ依頼するのが一般的です。このように、購入した後も手間暇がかかるのが機械式時計の特徴です。でも、腕につけたときの満足感は格別ですし、何より仕事への励みにつながってきます。皆さんもぜひ、一度、機械式時計を試してみてはいかがでしょうか。

ブシュロンはフランスの高級宝石ブランドで、海外の多くの著名人がアクセサリーに愛用しているメーカーです

Comments are closed.